雑記

【最大セール】TradigViewの有料プラン購入ならブラックフライデーが断然おすすめ!(2022年)

TradingViewのブラックフライデーがスタート!

TradingViewがブラックフライデーのセール期間に入りました。

1年の有料プランが最大60%オフとなり、購入するタイミングとしてはベストです。

僕はこれまでProプランでしたが、これからはPro+で申し込みします。

Pro 40%オフ
Pro+ 50%オフ
Premium 60%オフ

 

 

僕は2020年11月のブラックフライデーに合わせてTradingViewの有料プランに入りました。TradingViewを使うまではスマホで証券会社のチャートを見てトレードをしていました環境認識を疎かにしてダメダメでした。

なかなか勝てず専業やベテラントレーダーのチャート解説でTradingViewを知りました。

初めは無料プランで行っていましたが、何度も利用すると広告表示を消すのが面倒になることや、チャートの保存が一つしか行えないことがデメリットでした。

今ではテクニカル分析に集中して負けづらくなったのはTradingViewのおかげです。

2021年にはPro+に変更しました。

理由は環境認識と過去検証・トレード手法に加えてトレード練習も行うようになりチャートの数を増やす必要がありました。

勝てないうちは有料プランはもったいないような気がするかもしれません。

しかし、過去検証・トレード記録・トレード練習を積み重ねず、スマホの小さい画面でチャート分析していても力はつきません。

以下にチャート分析と保存、アイデア投稿や著作権の対応などメリットについてご紹介します。

プランの比較

Pro Pro+ Premium
通常 $179.4US $359.4US $719.4US
セール $108US

-40%

$179US

-50%

$288US

-60%

期間は13ヶ月1ヶ月は無料も獲得できるそうです。

 

ブラックフライデーの期間から始めると効率よく有料プランが購入できます。

TradingViewのおすすめ理由

  • パソコンで大きい画面でも分析しやすい。
  • オンラインでデバイス間の共有がしやすい。
  • マルチタイムフレーム分析が行いやすい。
  • チャートにメモを残せて振り返ることができる。
  • ネットに操作方法の解説記事や動画が沢山あり調べやすい。
  • アイデア投稿でトレード記録や手法の検証を残せる。
  • ブログ記事や動画配信の代わりに使える。
  • リスクリワードの確認が簡単にできる。
  • フィボナッチ分析が使いやすい(私見)。
  • リプレイ機能で右側のチャートが見えない状態で練習できる。
  • チャート画像に著作権の心配がない

実際に3年トレード記録や手法の検証に使い、言語化していくと負けやすいパターンは避けることができるようになってきました。

トレードのアイデア投稿は123投稿していて、コツコツ続けています(2022年11月23日)。

断言しますが多くの相場解説や有名トレーダーのイナゴをするよりも自分で検証・実践・記録の作業の方が確実にスキルは上がります。

ロウソク足を消して手法をメモとして残すこともできます。

TradingViewチャート画像

ひたすらSNSやブログ・動画で相場予想を追いかけていたときより、メンタルを保って仕事や家庭のバランスも取りながらトレードできています。

チャートの著作権で安心なこともメリットです。SNSやブログでチャート分析を載せている方は、一度著作権や利用規約について確認された方が良いです。

過去記事にまとめています。有料記事をnoteで販売している有名アカウントの方もいますが、恐らくアウトではないかと思う方法で行われている方もいます。

ブログ・SNSでチャート画像のアップロードは著作権法違反?はじめに 最近はスクリーンショットが手軽にできるので、証券会社のチャート画像を撮ってブログやSNSでアップロードしている方もいますよね...

まとめ

TradingViewを利用するメリットは分析ツールが豊富でオンライン上でどのデバイスでも共有がしやすいことです。

トレードの記録をブログや動画で保存できそこから発信することもできます。

またチャート画像を著作権の心配なく利用ができます。

普段の有料プランであればためらってしまうかもしれませんが、ブラックフライデーセールの期間中であればお得に始めることができるため、この機会に検討されてみてはいかがでしょうか?

悩まれている方の参考になれば幸いです。

ABOUT ME
リンゴ
兼業トレーダー。個別株で負けたのが悔しくてテクニカル分析をFXで勉強。ドル円のみトレード。チャート確認は1日2〜3回でスイング。フィボナッチで押し目買い戻り売りを予測する手法が得意です。 投資は2018年からつみたて投資(iDeCo・つみたてNISA)継続中。 TradingViewアカウント https://jp.tradingview.com/u/ringoinvestrade/
RELATED POST
トレード手法

【2021年9月19日ビットコイン環境認識】月足で前回高値を抜けば理想的な上昇チャートか?

9月 19, 2021
リンゴの投資・トレード勉強ブログ
はじめに 普段はドル円のチャート分析を中心にしていますが、勉強も兼ねてビットコインの環境認識にチャレンジします。 ファンダメ …