トレード手法

【トレード手法】兼業で戦える押し目買い指値・順張り成行手法(ロング)

トレード手法図解

snapshot

はじめに

2022年はルールを守れて+20%の成績を残しましたが、調子に乗りその都度テキトーな判断でトレードして1〜2月で-10%の損失を出しました。
兼業でも戦える手法を改めて整理し、トレード時にはこの記録を見て冷静にトレードの判断を行うように心がけます。

環境認識

①下降トレンドラインを上抜け

snapshot

②SMAの上抜け、戻り高値Aを上抜け

snapshot

エントリー

指値L

  • 直近Aの高値 or SMA+フィボナッチリトレースメント38.2〜61.8%
  • Aの水平ラインでレジサポ転換の予測
  • Bの位置で指値注文
snapshot

成行L

  • Bの位置で反転を終値で確認
  • 直近の下位足のトレンドラインを上抜け確認
snapshot

ターゲット

指値L

直近の目立つ高値(指値)

snapshot

成行L

加速したトレンドラインを割れる(成行)
指値注文の押し目からフィボナッチエクステンション161.8%が目安になりやすい

snapshot

損切り 

前回安値より下に指値

リスクリワード

1〜1.5を目安

注意点

  • 上位足の高値安値
  • 上位足の過去のサポレジライン
  • 上位足のSMA(例:4時間足20SMA→日足20SMA)
snapshot

メモ

  • 兼業ではチャート確認が4時間足でも定期的には見れないため指値注文
  • 直近のトレンドが終了したことを判断することが一番重要。トレンドライン20SMAを補足として使う。
  • 指値注文は逆張りであるため、レジサポ転換SMAの反発フィボナッチリトレースメントで戻りを予測する。
    (ロングは61.8%、ショートは38.2%がドル円では目安になりやすい)
  • 成行は直近の下位足下降トレンドラインを上抜けしたらエントリー。必ずしも上昇はせずヨコヨコから水平線ブレイクの可能性もあり。
  • 指値と成行どちらも併用することで、エントリーに乗り遅れるといった焦りを解消。
  • 王道である高値ブレイクは一気に上昇するため、兼業ではエントリーしづらい。
  • 上昇1波目の押し目が形成して反発が確認できれば、高値を超えてなくても成行でエントリー。
  • 決済も指値と成行で分けることで判断の負担を減らす
  • 直近高値だけではさらに伸びたときの値幅をとれない。
  • 分割決済で対応する。
  • ロットに余裕があれば①直近高値、②フィボナッチエクステンション161.8%、③トレンドラインを割って手仕舞い。
  • 教科書的にはトレンドラインの3点目(始点が1とした場合)が押し目買いの王道であるが、ドル円4時間足ではそこで割れるパターンが多い。
  • トレンドラインが加速した位置が一番勢いが強く、そこを割れるとチャートが崩れやすい。
  • 加速したトレンドラインを割れても伸びる可能性はあるが、手仕舞いや反対の売りが仕掛けられやすく伸びづらい。
  • ルール通り完璧にできなくても良いが、チャートの形は必ず見返し逸脱していないか判断する。
  • 決めた時間足を確認。4時間足を中心に上位足の日足でレジサポやトレンドを判断。1時間足はエントリータイミングで主にみる。
  • ダウ理論は頭と尻尾はくれてやれ、全部はとれないことを自覚する。
  • 検証、実践、記録を怠らない。
ABOUT ME
リンゴ
兼業トレーダー。個別株で負けたのが悔しくてテクニカル分析をFXで勉強。ドル円のみトレード。チャート確認は1日2〜3回でスイング。フィボナッチで押し目買い戻り売りを予測する手法が得意です。 投資は2018年からつみたて投資(iDeCo・つみたてNISA)継続中。 TradingViewアカウント https://jp.tradingview.com/u/ringoinvestrade/
RELATED POST
トレード手法

【トレード手法】トレンド転換後にフィボナッチでエントリーとターゲットを設定。押し目買い・戻り売りの戦略。

9月 6, 2020
リンゴの投資・トレード勉強ブログ
はじめに 損切りの位置がわかりやすく、リスクリワードを上げるため逆張りエントリーを検証しています。 逆張りは推奨されていませんが、エ …