トレード手法

【S&P500指数環境認識】月足上昇トレンドラインにタッチしレジスタンスになるか?

【S&P500指数環境認識】2020年8月月足

チャート画像

2020年8月の月足確定。
トレンドライン3本と追加のトレンドラインやチャネルラインで環境認識をしました。
トレンドラインを割ってからの最初のタッチはレジスタンスになりやすくサポレジ転換するか注意。

●トレンドライン3本

●トレンドライン追加

下2本のトレンドラインは高値更新前の安値から引いた。
3本のトレンドライン割ってから再度高値を更新している。

●上昇チャネルライン

チャネルラインはざっくり引いています。
上限ラインを突破しています。
一度調整が入りチャネル内におさまるかさらに上昇角度が上がるか確認していきます。

トレンド・サポレジ判断

◯トレンド判断
・2007年10月〜下降トレンド
下降トレンドをブレイク後にそのトレンドライン付近に押し目を形成後上昇。
1本目の下降トレンドを突破後に1本目の上昇トレンド。
3本の下降トレンドライン突破後に本格上昇。(ファン理論?)
・2012年5月〜、2本目の上昇トレンド
・2015年8月〜、もみ合い
・2016年12月〜、3本目の上昇トレンド

◯サポレジ判断
前回高値抵抗線が支持線にサポレジ転換あり。

まとめ

FXでトレンドラインを引くようになると、サポレジ転換の目安に結構なっていたので、S&P500指数ではどうなるかみていきたいです。

上昇トレンドラインが割った=下降トレンドではないため注意が必要。

位置的に大統領選挙後にトレンドが変わるかどうかにも注目したいです。

TradingView【S&P500指数環境認識】月足上昇トレンドラインにタッチしレジスタンスになるか?

下落を期待しているわけではありません。

インデックス投資の大半は米国に配分しているため、今後も上昇を続けてほしいです。

 

【日経平均の過去検証】暴落時の反転を狙うタイミングはいつか?はじめに 「落ちるナイフを拾うな」という格言は株の売買をされた方なら一度は耳にしたことがあるかと思います。 日本人は特に逆張りを...
ABOUT ME
リンゴ
兼業トレーダー。個別株で負けたのが悔しくてテクニカル分析をFXで勉強。ドル円のみトレード。チャート確認は1日2〜3回でスイング。フィボナッチで押し目買い戻り売りを予測する手法が得意です。 投資は2018年からつみたて投資(iDeCo・つみたてNISA)継続中。 TradingViewアカウント https://jp.tradingview.com/u/ringoinvestrade/
RELATED POST